入院案内

HOME > 入院案内 > 病棟案内

病棟案内

1病棟(51床)

当院の入院の窓口で、緊急転院あり、予定外入院ありの多忙な毎日を過ごしています。(地域包括ケア病床:16床もあります)業務も煩雑になりがちですが、あたたかい手で寄り添う看護の理念のもと、お互いに助け合う「互助」の精神で頑張っています。
子育て中のママやパパ、介護中の嫁、シングルマザー、独身貴族等ユニークで頑張り屋さんのスタッフが13:1の看護体制のもと看護を提供しています。
医師をはじめ、看護師や看護助手のみでなく、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医療相談員など多くの職種でケアカンファレンスを行い、患者さんやそのご家族に対応しています。
どんなことでも、お気軽にスタッフにお声かけ下さい。
(1病棟師長:矢ヶ部沙智絵)

2病棟(32床)

2病棟は医療療養病棟です。
医学的療法が必要な重度の方から軽度な方まで様々な患者さんが入院なさっています。勿論、疾患や障害の程度も様々ですが、経験豊富な看護師、若手リハビリスタッフなど多職種のスタッフと連携を持ちながら患者さんに向かい合っています。
(2病棟師長:大坪恵子)

3病棟(32床)

回復期リハビリテーション病棟とは、脳血管疾患・骨折などの患者さんが機能改善と社会復帰を目指して集中的なリハビリを受けられる病棟です。
患者さんや家族の思いを大切にして、少しでも入院前の生活に近づけるよう入院時から退院に向け多くの職種で意見を出し合い相談しながら365日毎日訓練を行っています。 限られた期間の中で最大の効果を引き出せるよう努力をしています。
(3病棟師長:甲斐香織)

5病棟(60床)

長期的な療養が必要とされる特定疾患や重度の意識障害などがある方を対象とした障害者施設等一般病棟です。
治療処置を行いながら、褥瘡や感染予防に留意して、質の高い看護・介護と、安全で快適な療養環境を提供できるように努力しています。
患者さんや御家族の気持ちを大切にして、自分が行ってほしいと思うケアや対応ができるように心掛けています。
(5病棟師長:田中路子)

入院案内
入院について
患者さんの生活
病棟案内
回復期リハビリテーション病棟