入院案内

HOME > 入院案内 > 病棟案内

患者さんの生活

一日の流れ

7:00 起床 起床後の整容・排泄・更衣など病棟スタッフが一緒に行います。回復期リハビリテーション病棟では早出のリハビリスタッフも実際の生活の中で一緒に行っています。
8:00 朝食 カロリーや塩分量、形態などその方に合わせて提供しています。
  体温・脈拍測定 血圧や体温などを看護師が測定し、体調に異常がないか確認します。
  検査 定期的な尿、血液、レントゲン検査に加えて、CT、エコー、心電図、嚥下内視鏡検査も必要に応じて実施します。
  排泄 ご自分でトイレに行けない方には、トイレへのご案内やオムツ交換等を適宜行っています。車椅子のまま入れる広いトイレには手すり、ウォシュレット、ナースコールを整備しています。
  入浴 身体の状態に合わせて、個浴、車椅子浴、機械浴が利用できます。危険がないよう職員がお手伝いします。
9:00 リハビリ 担当のスタッフが、体調や病気、ケガの状態に合わせてマンツーマンで行います。詳しくはリハビリのページをご参照ください。

リハビリについて

12:00 昼食 看護師、看護助手、栄養士、リハビリスタッフで食事の状況を確認し、姿勢や食事形態、栄養面など患者さんに合った食事について検討しています。

  • 普通食

  • 刻み食

  • ゼリー食
13:00 リハビリ 状態によってリハビリ室まで行くことのできない方には、担当のリハビリスタッフがお部屋でリハビリを行います。院外での運動を行うこともあります。
  回診 医師、看護師、薬剤師、MSW、リハビリスタッフ、栄養士などが状況確認や情報交換を行い、治療方針や退院後の方向性を検討します。
  NST回診 NST(Nutrition Support Team=栄養サポートチーム)
栄養状態に問題がある方の情報交換や問題解決に向けて、医師や看護師、栄養士、リハビリスタッフなどで話し合っています。
  褥瘡回診 皮膚の状態や栄養状態に問題がある方に対して、早い段階で経過を確認し、適切な処置を行うことで、褥瘡の予防に努めています。
  レクレーション 寝て過ごすことが多くなりがちな入院生活で、リハビリや食事以外でもベットから起きる機会になるよう、週に1~2回、病棟にてゲームや作品作り、コーラスなどを行っています。また、夏祭りやクリスマス会なども季節ごとに企画しています。
18:00
21:00
夕食
消灯・就寝
夕食後から就寝までのケアを行い、安眠できるよう援助しています。
入院案内
入院について
患者さんの生活
病棟案内
回復期リハビリテーション病棟