入院案内

HOME > 入院案内 > 回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟

脳卒中発症後や大腿骨骨折などによる手術後の集中的な治療ののち、機能改善と社会復帰を目指してリハビリテーションを集中的に行う、リハビリ専門病棟です。

特徴

充実したリハビリテーションの提供

1毎日リハビリテ―ションを行います
365日体制、一日2~3時間、早期より集中的なリハビリテ―ションを行います。
2手厚いスタッフ配置
病床数32床に対しリハビリスタッフ16名(理学療法士7名 作業療法士7名 言語聴覚士2名)を配置し、1人の患者さんに対して複数の理学療法士、作業療法士、言語聴覚士がチームとなって担当します。
チーム内で常にリハビリの進捗状況を確認しており、質の高い診療を目指しています。
3病棟での生活動作練習
リハビリで行った動作が入院生活に反映されるよう病棟の看護師・介護士と療法士が連携して生活動作(食事・整容・更衣・排泄・入浴・移動)の指導を行っています。
リハビリ室だけのリハビリではなく日常生活もリハビリという取り組みで早期の自立を目指しています。
4しっかりとした退院支援
担当療法士がご自宅を訪問し、間取りや段差、動線などを確認したり、必要な在宅サービスや福祉用具のアドバイスを行います。 また、担当ソーシャルワーカーが生活や仕事、社会資源の利用など退院に向けて相談やアドバイスを行います。

病棟生活を支える専門チーム

  • 1看護師、介護士、療法士による病棟での生活動作練習
  • 2食事を安全に食べるためのカンファレンスチーム
  • 嚥下力の改善、経口摂取、自力摂取へ向けて食事内容や形態、食事姿勢、自助具や補助食などの検討を行います(医師・看護師・介護士・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・栄養士)
  • 3薬剤師による服薬指導
  • 4栄養士による栄養指導
  • 5看護師、介護士による生活介護指導
  • 6ソーシャルワーカーによる生活相談

365日体制でリハビリを提供し、多くの専門職がチームを組んで早期の回復、社会復帰を援助します。 退院後も生活に即したリハビリが行えるよう訪問リハビリも行っています。

回復期リハビリテーション病棟の対象疾患や入院期間は以下の通りです。

対象となる疾患 入院期間
脳血管疾患の発症後・手術後2ヶ月以内、高次脳機能障害を伴なった重症脳血管障害、重度の頚髄損傷、および頭部外傷を含む多発外傷 150日以内
180日以内
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節、膝関節の骨折または手術後2ヶ月以内 90日以内
外科手術または肺炎などの治療時の安静による廃用症候群を有しており、手術後または発症後2カ月以内 90日以内
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節、膝関節の神経・筋または靭帯損傷後1ヶ月以内 60日以内
股関節または膝関節の置換術後1ヶ月以内 90日以内
入院案内
入院について
患者さんの生活
病棟案内
回復期リハビリテーション病棟